大阪市中央区で女性人気NO.1!当院だからできる痛みや悩みの原因に対する的確・最適な整体でつらい症状を改善します!

Kaladabo.


脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

脊柱管狭窄症は脊柱(背骨)にある脊柱管という神経が通っている管が何らかの理由で狭くなり、神経に当たり痛みやシビレ、筋肉低下などを起こす症状です。
「何らかの理由」と言うところが気になるかと思いますが、椎間板ヘルニアも椎間板が突出し、脊柱管を狭くしてる症状で、脊柱管狭窄症のひとつです。
少し前にお昼の番組をしていた人気司会者さんも脊柱管狭窄症になり手術をしたという話題がありました。
 

症状
典型的な例は、歩いているとだんだん足がしびれたり痛みが出たりして、休むと楽になり歩けるようになるといった事を繰り返す、間欠性跛行(かんけつせいはこう)という症状です。
はじめは症状などが出ない間隔も長く、少し休むだけで楽になる状態から悪くなるとだんだん間隔も短くなり、休む時間も長く必要になってきます。また足のシビレや痛みもはじめはふとももや膝上だったのが膝下や足首のほうまで進むケースがあります。
シビレや痛みが出たときに背中(腰)を丸めて休むと楽になる方が多いです。逆に腰を反ったりすると症状が悪化するケースが多いので注意です。

 
原因
原因としては、椎間板ヘルニアの他に、骨粗しょう症、靭帯の骨化、堆骨の骨融合、腫瘍などが原因でなるケースが多くあります。
 

ケア・改善方法
私も過去にたくさんの方から相談を受けましたが、高齢者でゴルフが趣味の方が多いです(※私の経験上のデータです)ゴルフは想像以上に腰に負担をかけるスポーツなので、原因になっているのか、痺れや痛みでゴルフが出来なくなる事がつらいので相談者が多いのかも知れませんが。
 
高齢者の場合、原因が骨粗しょう症や靭帯の骨化、骨融合のケースが多く、カイロプラクティックの施術では残念ながら改善することができません。
ただ、体全体のバランスを整え、負担を減らしたり、これ以上悪くならないようにケアをすることは可能です。もちろん事前に、病院でのレントゲンやMRIなどの精密検査をしっかりと受けられることもお勧めします。



中に出てきた椎間板ヘルニアについては近日中にアップします



Kaladabo.のご案内

住      所:
〒540-0025 大阪府大阪市中央区徳井町1丁目2-13
アクセス:
地下鉄中央線/谷町線「谷町四丁目駅」4番出口から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-6232-8747
受付時間:
平日:10:00~13:00
         15:00~20:00 
水曜:15:00~20:00
土曜:10:00~13:00
定休日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ