大阪市中央区で女性人気NO.1!当院だからできる痛みや悩みの原因に対する的確・最適な整体でつらい症状を改善します!

Kaladabo.


まさか!?なゆがみの原因

11月が始まりました。
今年もあと2か月dash 1日1日を大事に元気にいきましょうnote


さて、足を組むとか、同じ側の手でかばんを持つとか、
ゆがみの原因としてよく言われることですが、
体のバランスを崩すリスクはもっと身近にもあります。


細かいこと気にしてたら何もできないsign01
どうか思わないで読んでくださいsweat01

家でテレビを見るときの姿勢について質問ですpaper
テレビtvが体の正面にある状態で見ていますか?

顔を右か左に向けて見ている方は(食事中よくあるかもrestaurant)、
毎日一定時間同じ側に顔を向けることが
ゆがみのリスクになります。
座る位置を時々変えてリスクを下げることができますflair


家でソファに座る方に質問ですpaper
ひじ掛けを使いますか?

問題なのは、片側のひじ掛けに体重をかけがちになることです。
お尻の片側に体重をかけると、骨盤に負担をかけます。
長時間座りっぱなしにならないようにしましょうbomb
体のためには、楽な姿勢はほどほどが大切です。


そんなことがsign02と思われるかもしれませんが、
同じ動作の繰り返しと、同じ姿勢のままでいること
体にはあまり良くありません。

もう一度言いますが、
細かいこと気にしてたら何もできない
sign01
どうか思わないでくださいsweat01
ゆがむのは、生きている証拠とも言えますrunheart01
悪さをするゆがみをつくらない知識をつけて、
メンテナンスしていけば問題ありませんsign03

職場で隣に苦手な人が座ることになったら
その側を避けるようなゆがみが体に現れることも実際ありますcoldsweats02

思わぬこと、普通過ぎてわざわざ気にしていないことが
体に影響していることもあります。

姿勢が気になる方、つらいお悩みでお困りの方は、
ぜひ当院までご相談くださいhappy01

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

Kaladabo.のご案内

住      所:
〒540-0025 大阪府大阪市中央区徳井町1丁目2-13
アクセス:
地下鉄中央線/谷町線「谷町四丁目駅」4番出口から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
06-6232-8747
受付時間:
平日:10:00~13:00
         15:00~20:00 
水曜:15:00~20:00
土曜:10:00~13:00
定休日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ