姿勢全体をみると分かること

- update更新日 : 2022年04月21日
folder姿勢

こんにちは。院長の伊木です。

いくら肩を回しても、いつもゴリゴリ、全然肩コリがなくならないと悩んでいませんか?肩こりはあるのが普通、あって当たり前と思っている方も多いと思いますが、そんなことはありません。毎日肩を回しても一向に状態が変わらない、良くなっても一時的ですぐ元に戻る、そんなときは、ぜひ全身の姿勢の状態も気にしてみてください。

例えば、まっすぐ立った姿勢を真横から見た時、前のめりになっている方は要注意です。前のめり姿勢のイメージは、スキージャンプの選手が空中で取る前傾姿勢です。あんなに傾いていなくても、普段の立ち姿勢で前のめりになる方がおられます。スポーツ選手には結構多い姿勢です。

体が前に倒れようとしているとき、背中側の筋肉は、重力に抵抗するために頑張って体を支えています。そうしないと体が前に倒れてしまうからです。つまり、ただ立っているだけで、本人にその意識はなくても常に背中の筋肉が過剰に力んでいます。たまに肩回しをするぐらいでは筋肉を緩めるところまで追いつけません。

背中の筋肉と書いていますが、背中を含め首、肩、腰、ふくらはぎと全身に影響は及びます。肩こりはもちろん、腰が張る、足がつりやすい、なども生じやすくなります。また、背中側が緊張していると、おなか側の筋肉は伸びて弱りやすい傾向があります。全身の筋肉のバランスが崩れると姿勢のゆがみの一因になります。

痛みやコリがつらいと、その部分のことだけを考えてしまいがちですが、姿勢全体もみる必要性があることを知っていただきたいと思います。