明るい話題を聞けるようになってきました

folder日常あれこれ

こんにちは。院長の伊木です。

コロナの感染が始まってから、お客様との話題はコロナの不安や疲れ、不満、ストレスなどが中心になり、どうしてもネガティブな内容になりがちでしたが、最近はやっと、外食を楽しんだ話や、連休にやっと家族旅行に行けた話など、以前は当たり前だった明るい話題が増えてきたように思います。

笑顔で楽しかった話をされるのを聞いているとこちらまで元気をもらえます!

まだマスク生活は続きそうですし、感染の影響を考えると、感染しない&させない努力を怠ることはできませんが今を楽しむことにも貪欲に過ごしたいと思います。

最近始めた楽しみは香りです。以前のブログでご紹介していますが、院内用に使い始めたことがきっかけで、自分でもアロマを楽しむようになりました。気に入って使っているのが、ビオセンシエールのvividというブレンドオイルです。朝マスクに1滴たらすとスーッと目覚めるような爽快感でとても気分が良いです。ハマってます。

香りのように気分が良いと感じることや、自分が快適かどうかを意識するようにすると、自分の体や心に正直になって健康的になれる気がします。例えば私の場合、早く寝ようと心がけたり、無茶な量を食べるのを抑えられたりします。こうやって自分の体を大切にできると、不思議なことに、感謝の気持ちが湧いてきます。コロナ禍で学べたことなのか、そういう年になったのかは定かではありませんが、多分・・・両方あるのではないかと思います。