他のカイロ・整体との違い

このページでは、施術内容やその効果、資格などにおいて、他のカイロ・整体との違いをご説明いたします。

カイロプラクティックと整体の違い

カイロプラクティックも整体も基本的には
手技を用い、脊椎・骨盤の骨格のバランスを整え、神経・筋肉・関節の機能回復を目的としています。
違いは、カイロプラクティックは海外では医者と同等以上の教育を受け、国家資格が必要で、医学的根拠に基づいた療法であり、整体は、民間療法の伝授という形で整体法を考えた創始者が弟子に伝承にて広がっています。
たた、日本国内ではカイロプラクティックも法制化されておらず、民間療法に位置づけられ、整体同様、カイロプラクティックと称し、師匠弟子の関係で広がっている事が多く、カイロプラクティックと整体が同じような状態になっているのが現状です。

 

カイロプラクティック・整体院を選ぶ時のポイント

1.国際的な専門教育を受けた先生が施術をしているか?

ホームページなどを見てカイロプラクティック・整体院を選ぶ方が多いかと思います。その際、施術を行う人がどこの学校で勉強したかをチェックしましょう。
カイロプラクティックでは特に国際基準の教育を受けられる学校は少なく、海外の大学で勉強しているか、または海外のカイロプラクティック大学が提供している「国際基準」の教育を受け、卒業資格を取ったカイロプラクターがいるかどうかをみましょう。
また、整骨院(接骨院)など国家資格が必要で保険が使える施術院でカイロプラクティックを実費診療で行っている所が増えてきています。整骨院で施術をするには柔道整復師の資格が必要ですが、柔道整復師の学校ではカイロプラクティックを教えることはありません。国家資格があるから安心とは言えません。

2.検査やインフォームドコンセントをしっかりするか?

腰痛と一言でいっても骨格が問題の場合、神経が問題の場合、筋肉が問題の場合、内臓が問題の場合があり、腰に問題がなく、下肢(脚)に問題があることもあります。
いまだに腰痛だと伝えると、何も検査もせずに腰の施術をするといったところも少なくありません。
何が問題なのか、施術するにあたり危険性はないのか、その院の施術が適応内なのか、適応外なのか、どのような施術が最適なのかなどを把握し、検査内容をしっかりと伝えてから施術にあたっているか見極めるポイントです。